ブログ作成に統計情報を活用する方法【信頼度の上がる記事が書ける】

「記事」

というものを書いているブロガーや

アフィリエイターにとって、

「読者からの信頼を得たい」

という思いがありますよね。

 

記事の信頼性を考えている人

やっぱり読んでもらう人にとって、

信頼のある記事を書きたいよね

記事の信頼性を得たい人

どうしたら記事の信頼性って上がるんだろう?

 

では、どのようにしたら読者からの信頼を得られる

記事が書けるのでしょうか?

 

今回の記事では、

記事の信頼性を上げる一つの方法として、

「統計情報の利用と活用」

を紹介します。

 

読者から信頼を得られる記事を書く、

ということは簡単なことではないのですが、

今回の記事を読みすすめることによって、

今後のブログなどの記事作りに役立てることができます。

そして、次ことを理解することができます。

  • 「数字」というものに、裏付けされた記事作成ができる
  • 統計情報から、記事ネタを見いだせるようになる
  • 数字から見る世間の推移と動向、予測をするようになる

「数字」というものは社会の動向です。

統計情報の「数字」というものを意識して、

ブログなどの記事作成に役立てていきましょう。

ブログ作成に情報サイトを活用するメリット

ブログやサイトの記事を書く際に、

統計情報サイトのなどの統計情報を利用するメリットは、

次の通りです。

  • 数字に裏付けされた信頼性のある記事が書ける
  • 統計情報からユーザーのペルソナを知れる
  • 自分のブログやサイトの関連情報を得られる

ブログの記事は第三者の信頼ある調査データや数字を示すことで、

記事の信頼度が上がります。

 

ユーザーが信頼して記事を読んでくれるということです。

統計情報サイトを見た時がない人

統計情報サイトって色々あるのかな?

ブログ作成に活用できる統計情報サイトの紹介

統計情報は、

大きく分けて2つに分類されます。

  • 国や政府の開示している統計情報
  • 民間企業による統計情報

国や政府が開示している統計情報は、

ニュースなどのメディアでよく耳にする単語の統計が

多いのが特徴です。

国民というものをもとにした、

「消費」や「労働」といったものですね。

 

一方の民間企業による統計情報とは、

より人の生活に寄り添った情報が多いのが特徴です。

「消費動向」、「嗜好」、「悩み」など、

個々の調査による統計ですので、

ブログなどの記事を書く側にとっては、

参考にする統計が多く活用の用途は大きいです。

 

では、統計情報サイトを紹介していきます。

 

日本各省庁の統計情報サイト

日本の各省庁では、

統計情報を公開しています。

今回は代表的な各省の統計情報を

閲覧できるサイトを紹介します。

 

総務省統計局

総務省統計局

 

総務省統計局

参照元:https://www.stat.go.jp/index.html

最新の公表データとして、

「消費者物価指数」、「完全失業率」など、

メディアなどで、頻繁に報道される内容の数字がわかります。

データとしては、PDFやExcelファイルになっていて、

データを閲覧することが可能です。

 

統計Dashboardでは、主な調査データをグラフで閲覧することができます。

総務省 情報通信統計データベース

総務省 情報通信統計データベース

 

総務省 情報通信統計データベース

参照元:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/

 

同じく総務省の統計情報サイトですが、

情報通信というものに特化したサイト内容のページです。

情報通信に関する各分野別に閲覧できます。

総務省 情報通信統計データベース

通信(インターネット)や情報通信産業など、

Webビジネスに携わっている人(ブロガー・アフィリエイター)や

ユーザーの動向など多岐の分野で知ることができます。

統計情報はExcelやPDF、CSVなどで閲覧可能です。

中小企業庁

中小企業庁

 

中小企業庁

参照元:https://www.chusho.meti.go.jp/index.html

 

統計情報は、「白書・統計情報」から閲覧できます。

情報量は少なめですが、中小企業に関する統計を

見ることができます。

警察庁 統計

警察庁 統計

 

警察庁 統計

参照元:http://www.npa.go.jp/publications/statistics/index.html

犯罪に関する統計が閲覧できます。

犯罪というものは犯してはいけないことですが、

実際に犯罪に関する統計を見ることで、

自身や周りの人たちへの警笛を促すことができます。

私達が社会生活をする中で、

犯罪というものは身近にあり、

私達も気をつけなくてはいけません。

e-Stat(政府統計の総合窓口)

e-Stat 政府統計の総合窓口

 

e-Stat 政府統計の総合窓口

参照元:https://www.e-stat.go.jp/

 

政府統計のまとめのようなサイトです。

多くある政府統計を分野や組織から探すことができます。

政府統計を閲覧したい場合は、

このサイトが早いかもしれません。

統計データの活用も充実したサイトになっています。

民間企業による統計情報サイト

民間企業の統計情報サイトは、

ビジネスに役立つものから、

一個人の生活がわかる情報まで、

様々あります。

各統計情報サイトによって、

特徴がありますので、

特徴を把握したうえで、

自分に有益な情報を得ていきましょう。

下記は、民間企業による統計情報サイトです。

調査のチカラ

調査のチカラ

調査のチカラ

参照元:https://chosa.itmedia.co.jp/

7万件以上のアンケートデータが閲覧でき、

月1000件以上の調査データが追加されています。

分野ごとにサイトのリンクが貼られています。

データの転載や引用の際は、

各サイトの利用規約をよく読んで利用しましょう。

生活定点

生活定点

生活定点

参照元:https://seikatsusoken.jp/teiten/

2年に1度の定点調査を閲覧できるサイトです。

内容は生活に密着したものになっています。

28年分の観測データを閲覧できますので、

国民の動向、意識の変化などを知ることができます。

 

生活定点

調査データごとに、

焦点となる数字が提示されていて、

データを見る側が、数字を認識しやすいようになっています。

調査データは、性別、年代別などのデータも閲覧できます。

 

この生活定点では、

データの利用規約に準じてデータを利用することができます。

 

生活定点

出典:博報堂生活総合研究所「生活定点」調査

 

データを活用して、ブログなどの記事に役立てていきましょう。

マクロミルのモニタサイト

マクロミルのモニタサイト

 

マクロミルのモニタサイト

参照元:https://monitor.macromill.com/

アンケート回答による統計サイトです。

マクロミルのアンケートは、

企業や研究機関などにも使われています。

 

「◯◯人に聞いてみた」でアンケート調査の結果を

閲覧することができます。

このようなモニタサイトが、

意外と本当の人の素の部分が見えるのかもしれませんね。

 

マクロミルの著作権、引用、転載については、

マクロミルのサイトに書いてあります。

マクロミル

出典:マクロミル

MMD研究所(MOBILE MARKETING DATA LABO.)

MMD研究所(MOBILE MARKETING DATA LABO.)

 

MMD研究所

参照元:https://mmdlabo.jp/

スマホやタブレットを中心とした、

モバイル専門の統計調査機関です。

 

ガジェット系の情報が網羅されているので、

ガジェット系の分野のブロガー、アフィリエイターに限らず、

多方面の分野にも有効です。

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチ

参照元:https://research.nttcoms.com/database/index.html

NTTグループのインターネットリサーチ機関です。

統計情報は、サイト右端の「調査結果」から閲覧できます。

カテゴリも豊富ですので、

自分の欲しい統計を探してみましょう。

Intage 知る Gallery

Intage 知る Gallery

Intage 知る Gallery

参照元:https://www.intage.co.jp/gallery/

サイトがギャラリー形式になっていて、

調査対象の幅や奥行きが広い内容になっています。

統計の情報をもっと詳しく知りたい、

関連情報を取得したい人に有効なサイトです。

RECRUIT リクルートライフスタイル調査・データ

RECRUIT リクルートライフスタイル調査・データ

RECRUIT リクルートライフスタイル

参照元:https://www.recruit-lifestyle.co.jp/news/research

リクルートグループの情報サイトです。

旅行、グルメなどの調査情報を閲覧することができます。

公益財団法人 日本生産本部

公益財団法人 日本生産本部

公益財団法人 日本生産本部

参照元:https://www.jpc-net.jp/

生活に関わる調査データが閲覧できます。

dentsu 日本の広告費

dentsu 日本の広告費

dentsu 日本の広告費

参照元:https://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/

電通さんの「広告」というものを主体とした統計です。

ブロガーやアフィリエターの人たちにとっては、

広告というものは関係のあることです。

JMR生活総合研究所 J-marketing.net

JMR生活総合研究所 J-marketing.net

JMR 生活総合研究所 J-marketing.net

参照元:https://www.jmrlsi.co.jp/

 

トレンドやマーケティングという側面からも

統計を発信しているサイトです。

会員登録することにより、より詳細な情報を得ることができます。

Marketing Research Camp

Marketing Research Camp

Marketing Research Camp

参照元:https://marketing-rc.com/

マーケティングというものを主体においた

情報サイトです。

MMRI 株式会社 MM総研

MMRI 株式会社 MM総研

MMRI 株式会社 MM総研

参照元:https://www.m2ri.jp/

IT関連に強い情報サイトです。

IT関連のブログや記事を書いている人にとっては、

有益な情報が多く、ポイントや傾向なども詳しく解説されています。

keizai report.com

keizai report.com

 

keizai report.com

参照元:http://www3.keizaireport.com/

レポート系の情報サイトです。

情報をじっくり読みたい人には最適なサイトです。

統計情報の活用の仕方と注意点

ブログやサイトで記事を書いてく上で、

統計情報とあなたのブログのジャンルが

マッチングすることがベストになります。

あなたのブログジャンルと関連性があるものでも構いません。

 

統計情報を活用する順序としては、

次の2パターンになります。

  • 記事を書いてから統計情報を探す
  • あらかじめ統計情報を見つけてから記事を書く

どちらでも良いのですが、

記事を書いてから統計情報を探すのは、

結構時間を要します。

一方、あらかじめ統計情報を探してから、

統計情報に基づいた形で記事を書くとスムーズに

記事更新が進みます。

統計情報から何を得るか

統計情報というものは、

記事を書く側(ブロガー、アフィリエイターなど)からすると、

ユーザー(読者)に対して、

次のような効果をもたらします。

  • ユーザーに理解を深めてもらう
  • 数字でユーザーからの信頼性を得る
  • ユーザーに記事に興味や関心を持ってもらう

ユーザーに信頼や関心を持ってもらうために統計情報を活用します。

 

では、記事を書く側は、統計情報のどの点を見ていけばいいのでしょうか?

  • 数字
  • 傾向、動向
  • 割合
  • 予測

これらの内容は、各統計情報サイトに記載されていることも多いのですが、

記載されていない場合は、自分で調べたり思考することも必要です。

これらはユーザー(読者)も知りたい情報です。

ユーザーは、社会の動向と、その根拠を求めています。

 

社会の動向を知るには、

キーワードは欠かせないものですが、

キーワードは、各統計情報サイトでも活用できます。

多くの統計情報サイトには、

検索窓が設置されているので、

自分の気になるキーワードで検索してみましょう。

 

統計情報というものは、現在の指数です。

現在の指数から、今後どのように変化していくのか、

そして、その変化を仮説、予測の根拠などを記事にすることが

記事を書くものとしての使命です。

統計情報を読み込んで思考していきましょう。

 

統計情報活用での注意点

便利で有効な統計情報サイトですが、

統計情報を転載、引用などをするときは、

必ずサイトの利用規約などをよく読んで利用しましょう。

利用規約は、各サイトに必ず記載されています。

「明記」や「改変」などを確認しておきましょう。

ブログ作成に統計情報を活用する方法 まとめ

ブログやサイトの記事を書くうえで、

主役はあくまでもあなたの記事です。

 

主役であるあなたの記事の信頼性をより高めてくれるのが、

統計情報です。

 

そして、現在の社会状況や、これからの動向などを探るうえでも

統計情報は欠かせない情報源となっています。

 

ぜひブログやサイトの作成に統計情報を役立てていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です