ブログでのSEOキーワード選定方法【SEOを理解して記事を書く】

KEYWORD

ブログでキーワードが重要だということは、

みなさんもご存知でしょう。

キーワードの重要性が気になる人

ブログを書いていく上で、キーワード選定が重要ということをよく聞くけど、どのように重要なの?

キーワードの選定方法を知りたい人

私のブログに合ったSEOキーワードの選定方法を教えてほしい

このように、SEOキーワードが重要である意味を知ったうえで、

記事更新をしていきたい、SEOキーワードを選ぶ方法を知りたいなど、

ブログを書いていくうえで、

最重要であるといわれるSEOキーワードの重要性と選定方法を

紹介します。

SEOキーワード選定の重要性

SEO

あなたがいくら良いブログ記事を書いても、

読者に記事を読まれなければ意味がありません。

というよりは、SEO対策としてキーワード選定をしっかりしないと、

読者があなたのサイトや記事にたどりつけないのです。

これが、SEOキーワードを正しく選定するという意味です。

GoogleのSEOというものは、

読者とあなたのサイトの橋渡し的な存在で、

読者とあなたのパイプ役的な存在です。

Googleは読者の要望をキーワードで受け止め、

SEOキーワードによって、

検索上位されているあなたのサイトを

紹介するといった仕組みです。

あなたの作ったサイトの記事を、

より多くの人に読んでもらえるように、

SEO対策として、正しいキーワード選定をしていきましょう。

SEOキーワードの選定方法 5ステップ

SEO

あなたの運営するブログやサイトを母体として考えて、

キーワード選定をしていきます。

  1. あなたのブログのジャンル、カテゴリを確認する
  2. あなたのブログのキーワードを決定(キーワードは複数可)
  3. キーワードツールを利用・活用
  4. SEOキーワードを決定

あなたのブログのジャンル、カテゴリを確認

Googleは、ユーザーの利便性を見ているので、

ユーザーが、あなたのサイトに訪れて、

ユーザーが利便性を感じることを望んでいます。

ですから、まずはあなたのサイトが、

ユーザーから需要のあるサイトであるか、

確認することが必要です。

  • ユーザーからニーズのあるジャンル、カテゴリであるか
  • ユーザーが満足するような記事内容があるか(またはこれから書くか)
  • ユーザーの需要のあるキーワードであるか
これらの項目を満たしていることが、

ユーザーやSEOから需要のあるキーワードを選定するうえで、

必要になってきます。

あなたのブログのキーワードを決定する(キーワードは複数可)

あなたの運営するブログのキーワードを決めていくうえで、

2パターンの状況が存在します。

 

  • 記事投稿はすでにしていて、ジャンルやカテゴリは決まっている
  • まだブログの記事投稿はしていなく、これからキーワードによって記事を投稿していく

 

記事投稿はすでにしていて、ジャンルやカテゴリは決まっている

ジャンルやカテゴリが決まっているということは、

あなたのブログの方向性は、

ある程度決まっている状況です。

あとはキーワード選定で、需要や競合性を調べてキーワードを決めていきます。

 

まだブログの記事投稿はしていなく、これからキーワードによって記事を投稿していく

これは、これからブログを始める初心者の状況か、

もしくは、すでにブログを運営しているが、

違うジャンルのブログも始めよう(2サイト以上)と考えているユーザーですね。

このような運営者も、キーワードを決めていくうえで、

上記の需要と競合性に合わせて、トレンド、

記事の拡張性(どれくらい記事を投稿できるか)なども

考慮していきます。

キーワードツールを利用・活用

有効なキーワードを選定していくうえで、

キーワードツールを利用することは必須となっています。

ブログで最重要ともいえるキーワードは、

広い視野で、多くの情報を取得できるキーワードツールを

ぜひ使用していきましょう。

世の中の需要のあるキーワードや競合性(運営者たちの)などを、

調査するのに、個人の判断でキーワードを選定してしまうのは、

あなたのサイトをこれから育てていくうえで、ブログの方向性をも

狂わししまう可能性があります。

 

キーワードを選定していくうえで、

キーワードツールで、

どのような情報が必要なのかというと、

次の情報を見ていきます。

  • 月間検索ボリューム(1ヶ月どれくらい検索されているワードなのか)
  • 競合性(ライバルとの競合はどうなのか)
主にこの上記2つが、キーワードを選定していくうえで、

大事な情報になります。

この2つの情報を調べるツールとして、

紹介するのが、下の2つのツールです。

 

  • ラッコキーワード(関連キーワードツール)
  • キーワードプランナー

 

この2つのキーワードツールは、

無料で使用できて、一般的に多くの人が使用しています。

 

では、キーワードツールの使用手順と方法を説明していきます。

ラッコキーワード(旧:キーワード関連ツール 仮名 β版)

ラッコキーワードで、

まずはあなたが決めたキーワードから

関連キーワードを表示させます。

 

ラッコキーワード

ラッコキーワード(旧:キーワード関連ツール 仮名 β版)を

使います。

 

例えば、あなたが転職というキーワードを

あなたのブログで使用したいと考えている場合、

『転職』と検索窓に入力します。

 

検索窓には、1語の他にミドルワード(2語)、

ロングテールキーワード(3語)なども入力可能です。

 

『転職』というワードに対して、

Googleサジェストで、837HITあります。

サジェストのHIT数の多さからも、

『転職』というワードは、

幅広い関連後があることがわかりますよね。

この『転職』というワードは、いろいろな側面を持ち、

検索する側の人も、多くいることが予測されます。

このように、キーワード関連語ツールだけでも、

このような情報を入手できます。

次に、各関連語キーワードの月間検索ボリュームなどの

情報を知るために、関連後キーワードが表示された画面右の

「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックして、

コピーしておきます。

Googleサジェスト画面

ラッコキーワードは、

ラッコIDに未登録の場合は、

1日20キーワードまでの制限となっていますが、

ラッコID(無料・メールアドレスのみの30秒登録)に

登録することで無制限に使用することができます。

キーワードプランナー

次にキーワードプランナーの画面を開きます。

そして、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を

クリックします。

キーワードプランナー

 

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」という

画面が表示されます。

 

キーワードプランナー画面

 

表示されたら、

先ほどラッコキーワードでコピーした

関連語キーワードを貼り付けます。

キーワードプランナー画面

 

関連語キーワードを貼り付けたら、「開始する」をクリックします。

このような画面が表示されますので、

「過去の指標」という項目をクリックします。

 

キーワードプランナー画面

 

「過去の指標」には、

各キーワードの月間平均検索ボリュームや競合性を知ることができます。

キーワードプランナー画面

月間平均検索ボリュームは、

単位ごとの表示しかされませんが、

Google広告を出すことによって、

詳細な数字を見ることもできます。

キーワードツールの活用

キーワードツールには、

あなたがキーワードを選定するうえで、

補足として見てもらいたい情報も、

たくさんあります。

 

紹介させていただいたラッコキーワードですが、

ラッコキーワードは、

関連キーワードだけでなく、

GoogleサジェストやGoogleトレンド、ワードのQ&Aなどを

見ることが可能です。

  • Googleサジェスト 各キーワードからサイトへ飛べる
  • Googleトレンド  Web検索トレンドで人気度を知れる
  • Q&A       Yahoo!知恵袋や教えて!gooとリンク
キーワードを選定していくうえで、

ユーザーのキーワードに対しての注目度というものは

非常に重要です。

キーワードを選定する際に、キーワードの派生情報を

知ることもキーワード選びにはつながります。

他にも有料のキーワードツールなど、

さらなるキーワードの詳細や情報を得られるツールは数多くあります。

ブログでは、最重要ともいえるキーワードですので、

キーワードに対して、さらなる情報を得たい場合、

希少性が高く需要のあるワードを探したい場合など、

活用のメリットはあるかもしれません。

SEOキーワードを選定

SEOキーワードを選ぶときに、

注目すべき点は次の通りです。

  • 月間平均検索ボリューム
  • 競合性
  • ユーザーの需要と動向
これらのデータを参考にSEOキーワードを

選定していきましょう。

月間平均検索ボリューム

先に紹介したキーワードプランナーで調べることができます。

10〜100、100〜1000などの表示がされていますが、

人気ワードともなると、

10万〜100万という数字にもなります。

『転職』という単一ワードは、

10万〜100万という数字です。

一日、おおよそ3000〜30000件、

検索されているということです。

 

キーワードプランナー画面

 

多く検索されているキーワードは、検索需要も高く、

検索上位に表示されれば、多くの集客が望めますが、

その分競合も多く、検索上位表示も難しくなります。

反対に月間平均検索ボリュームが低いキーワードは、

検索される数値は少ないですが、

検索上位に表示される可能性が高くなります。

競合性

競合性もキーワードプランナーで

調べることができます。

キーワードプランナーの競合性を

高、中、低で表示しています。

競合性の高いキーワードは、

月間平均検索ボリュームも高い傾向にあります。

それだけ、ユーザーの需要があるキーワードは、

競争も激しいということです。

 

参考に、競合性の高いキーワードを

検索してみると、

検索上位に広告や企業系のサイトが

多いことがわかります。

ユーザーの需要と動向

ユーザーの需要というものは、

年間の定例行事やイベントなどによっても、

キーワードが検索されるものが違ってきます。

あなたが狙っているキーワードと

ユーザーの需要と動向に向けた記事が

書ければ最良でしょう。

SEOキーワードを選定のポイント

あなたのブログで、

最終的に狙っているキーワードを

そのまま記事として書いても、

検索上位表示されません。

しかし、目標としてるSEOキーワードを意識した

記事作りをすることによって、

目標としてるキーワードが

上位表示されるようになります。

意識する対策としては、

  • ミドルワード(2語)、ロングテールワードを狙った記事を書く
  • 内部リンクを貼る
  • SNSなどで発信する
人気キーワードは、月間平均検索ボリュームが多く、

競合性も高いため、検索上位表示されることが難しく、

あなたのブログ記事が埋もれてしまいます。

しかし、関連キーワードなどから、

少ない月間平均検索ボリュームや

競合性の低いキーワードを使った記事を積み上げて、

リンクを貼って記事同士をつなげていくことに

よってブログが育ち、検索上位していくようになります。

記事を積み上げて、つなげていくことが大事です。

 

SEOキーワードを選定する目的は、

Google検索にて上位表示されることです。

有効なSEOキーワードを選定して、

多くの人に自分のブログやサイトを見てもらいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です