ブログの名前の決め方【名前を決めるポイントと方法を紹介】

ブログをこれから始める人にとって、

ブログの名前というものは

悩むところですよね。

 

僕自身もブログの名前を決めるときは

散々悩んでしまいました。

 

ブログの名前を決めなくてはいけない人

ブログの名前どうしよう?

ブログの名前のポイントを知りたい人

ブログの名前を決めるポイントを教えてほしい

今回の記事を読むことで得られることは次の通りです。

 

  • ブログの名前の決め方
  • ブログの名前を決めるポイント(要点)

これらを知ることができます。

ブログの名前を決める重要性

ブログの名前というものは、

ブログでいう顔という存在です。

 

有名で、たくさんの人に読まれているブログというものは、

ブログ名が読者に浸透しているのが特徴です。

 

Web上に数多くあるブログで

あなたのブログの名前を

知ってもらうということは

とても難しいことなのです。

 

現在、何の実績もないブログを

これから記事コンテンツの積み上げていくことによって、

ブログ名とともに

ブログを育てていく形となります。

 

その過程でユーザーに浸透させなくては

いけない要素の一つが

ブログの名前なのです。

 

ブログの名前というものは

あなたがこれからブログを運営していくにあたって、

長い期間付き合っていくものになります。

 

参考に、

あなたのブログで次の3点を

ユーザーに認知してもらえると

ブログを運営していくうで

有効です。

 

  • ブログ名
  • 管理人
  • 記事コンテンツ

 

 

ブログの名前を決めるポイント

ブログの名前を決める最終的な目的は

読者に、

あなたのブログに訪問してもらう、

ということです。

 

 

ブログの名前を決めるポイントは次の通りです。

  • ブログ名で、どのようなブログなのかわかる名前にする
  • 短くシンプルな名前にする
  • 読者にわかりやすく、覚えられやすい名前にする
  • ライバルとかぶらない名前にする

 

 

ブログ名で、どのようなブログなのかわかる名前にする

ブログを読む読者が、

ブログ名でどのようなブログがなのかを想像できる

名前がベストです。

 

万人の人が利用するインターネットという環境の中では

ブログの名前でブログの扱うジャンルを示すということは

集客という意味でも効果があります。

 

運営が長いブログや知名度のあるブログの場合は、

検索する人も安心感を持って訪れてくれますが、

始めて訪れるサイトはユーザーも慎重です。

 

まずはブログ名でブログで扱うジャンルを示し、

ユーザーに安心感を与えましょう。

短くシンプルな名前にする

短くシンプルなブログ名にするということは、

読者と自分自身にもメリットがあります。

 

読者がブログ名が短くシンプルなことで

得られるメリットは次の通りです。

 

  • 読者にブログ名を覚えてもらいやすい
  • 読者がブログ名を検索するときに手間にならない

読者が求めているのは、

ブログのコンテンツです。

 

ブログのコンテンツにたどり着くまでの過程は

簡単で手間がかからないに越したことはありません。

 

一方の自分自身のメリットは次のようになります。

 

  • 人にブログ名を言う際に簡単に伝わる
  • ブログ名を書き込むときに容易

ブログの名前を短く、シンプルにできると強いです。

しかしジャンルなどによっては、

すでに使われている可能性があります。

 

自分のブログに合った名前を見つけ出しましょう。

読者にわかりやすく、覚えられやすい名前にする

前項の短くシンプルな名前と共通していますが、

読者視点で、

わかりやすく、読者から覚えられやすい名前にすると

ブログが育ってきたときに名前が活きてきます。

 

難しい名前ではなく、

誰でも、子供でもわかるような名前にするということです。

 

ひらがなやカタカナを使うことも有効です。

同じ言葉でも、

ひらがなやカタカナで置き換えたりして

検討しましょう。

 

ライバルとかぶらない名前にする

候補の名前を考えついたら、

Googleなどの検索で

インターネット上で

ブログの候補の名前の使用者がいるか調べてみます。

 

インターネット上で、

ブログやサイトの名前が100%かぶらないということは

ほとんど無理な話しです。

 

ワードの組み合わせや造語を使うのも一つの方法です。

ブログの名前を決める方法

  1. ブログで扱うジャンルを明確にする
  2. ブログの名前の候補を書き出してみる
  3. ブログの名前の候補を調査する

1.ブログで扱うジャンルを明確にする

ブログの名前とブログで扱うジャンルというものは

セットです。

 

ブログの名前を決める前に

ブログで扱うジャンルを明確にしておきましょう。

 

複数のジャンルを扱う場合は、

メインとなるジャンルを決めておきます。

 

 

2.ブログの名前の候補を書き出してみる

ブログを運営していく上で、

このアウトプットしていくという作業を

していくことが多くなります。

 

ブログの名前を決めるうえでのアウトプットは、

頭で考えたことやインプットされているものを

紙やPCにアウトプットして

情報を俯瞰できるようにすると発想しやすくなります。

 

発想やアイデアを書き出す方法として、

紙とPCの双方には、

各メリットがあります。

 

あなたが発想やアイデアを活かしやすい方を

選択しましょう。

 

 

発想やアイデアを書き出すツールを紹介

思いついたキーワードやアイデアを書き留めたり、

キーワード同士を関連付けたりするのに

自分が重宝しているのがScappleというツールです。

 

Scapple

Scappleはマインドマップのような使い方もできますが、

マインドマップのように線でつないでいくことを

前提としていないので、

アイデアが全然別のものでも

アイデアを感覚的に書き込むことができます。

 

もちろん線でワードをつなげたり、

関連性のあるワードをグループ化することなどもできます。

 

Scappleは、

思いつたことを

白紙に感覚的に入力できるイメージのツールです。

 

Scappleの詳しい使い方については

こちらの記事を参考にしてみてください。

Scappleの使い方を紹介【ブログなどのキーワード管理の最適ツール】

 

3.ブログの名前の候補を調査する

候補として考えた名前は、

Googleなどで検索して調べてみます。

 

候補の名前を検索してみましょう。

 

他のサイトやブログと同じ名前にならないように注意しましょう。

他のジャンルでも同じ名前が存在する場合があります。

慎重に調査していきましょう。

 

ブログの名前が考えつかない場合

ブログの名前というものは、

長く使用していくという意識もあるのか

慎重になってしまい

意外と決まりません。

 

その場合は、

ブログの管理人名を先に考えてしまうことも有効です。

次のようにブログ名をつけることも一考です。

 

  • 管理人名+ブログ
  • 管理人名+Blog

 

この形式は管理人が

有名(インフルエンサー)なブログに多く、

ブログの管理人の知名度が高いブログにつけられているのが特徴です。

 

ブログのジャンルが複数ある人や、

自分自身(あなた)を前面に出していく

ブログにしたい人などに有効です。

 

例えば、この『しごとらいふ』の管理人の僕の名前は

ロクという名前です。

こんな感じのネーミングが思いつきます。

  • ロクブログ
  • ロクblog
  • rokublog
  • ロクログ

色々と書き出して検討していきましょう。

ブログの名前と同時に決めておくと良いもの

GOOD

ブログのドメインを取得していない場合は、

ブログの名前を決めるのと同時に

ドメインも考えておいたほうがいいでしょう。

 

ドメインを決めるとは、

独自ドメインを決めるということです。

 

独自ドメインとは、

下記の赤文字の部分を指します。

https://hataraku123.com

このアドレスは、

このブログ『しごとらいふ』のURLアドレスです。

 

この

「hataraku123」

という部分を考えておきましょう。

 

独自ドメインはブログ名と

統一感を持たせると良いのですが、

ドメインが取得できない場合は、

ブログ名に関連する独自ドメインを考えましょう。

 

この独自ドメインは

先に取得している人がいると取得できません。

 

この独自ドメインは、

読者が意外と目にするものです。

 

ブログの名前を決めるポイント同様に

ブログで扱うジャンルや管理人名(あなた)などの

独自ドメインにしておくと

読者から安心感や信頼感を得られます。

 

ブログの名前の決め方【名前を決めるポイントと方法を紹介】 まとめ

ブログの名前の決め方を紹介させていただきました。

 

ブログの名前とは、

ブログのコンテンツ、管理人ともに

育っていくものです。

 

読者や自分にとっても愛着があり、

末永く付き合える名前を考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です