【副業を考えている皆さんへ】なぜ現在、副業が注目され、副業人口が増加しているのか?

ハナコさん

最近、副業って言葉をよく耳にするね
政府の「働き方改革」推進の一つに、企業の副業解禁が発表されたからね

ロク

ハナコさん

副業っていうと、本業の収入が足りていない人がするイメージがあるけど・・・
まぁ主はそうかもしれないけど、中には自分のスキルアップのためや自分の趣味をより充実させるために、副業をしている人もいるよ

ロク

なぜ副業をするのか

最近になって副業という言葉をよく耳にする人も多いと思いますが、

なぜ副業を皆が検討し、副業をしていくのでしょうか?

  • 本業の収入+αの
  • 終身雇用への不安
  • 収入を目的としない副業(自身のスキルアップなど)
  • 自分の趣味をより充実させるための資金確保

こういった理由から、副業を始める人が増えているのでしょうね。

 

ちょっと過去の自分の副業を紹介

サラリーマン時代に自分がした副業を紹介します。

  • 警備員
  • 引っ越し屋
  • コンビニ
  • ホテルのベッドメーキング

 

週休2日でしたので、主に週末副業という形ですが、コンビニに関しては本業のあとに夜10時頃まで

働くという形でした。警備員、引っ越し屋、ホテルのベッドメーキングなどは、本業と離れて

気分転換という雰囲気が十分にありました。

コンビニは本業のあとに2〜3時間というシフトでしたが、本業からコンビニへの移動時間が

意外とつらかったイメージがありますね。

仕事場から、違う仕事場への移動というものは結構な負担になります。

当時は本業の収入の少なさと、本業の収入が無くなった場合の保険として副業をしていましたが、

今思い返すと、その時の副業を経験したことにより、もし自分がその業種に改めて働いた場合に

経験があるので、まったくその業種に携わったことがない人に比べれば、勤めやすいと思いますので、

無駄な経験だとは思っていません。むしろ良い経験をしたと思っています。

現在の副業は色々な選択肢がある

自分が副業をしていたのは、15年ほど前になりますが、現在では通信インフラの充実によって、

ネットを利用した副業や過去にはなかった副業も増えています。

どの副業もすぐに収入には結びつくものではありませんが、コツコツと継続していくことによって

月々の安定収入となる可能性もあります。

自分の過去の副業のような選択肢もあると思いますが、ネットを利用した副業も面白いかもしれませんね。

副業によっては多少の投資が必要な場合もありますが、できる限りリスクが少なく、低投資で始められる副業が

良いのではないでしょうか。

副業で収入の柱を多くもつ

現在勤めている会社に継続して勤め、安定して収入を得ていく保証はあるのでしょうか?

そのあたりは個々の判断になりますが、日本の全就業者数の約1割が副業、

もしくは副業をしたいと考えているという統計数字があります。

統計数字的にも年々増加傾向にあります。

1つの企業に依存するのはどうか?と考え始めている人が増えているのではないでしょうか。

終身雇用の崩壊など将来への不安からです。

現在、勤めている会社の収入とはまた別に収入を得るということは、簡単なことではありませんが、

今が考えるときではないでしょうか。

一つの企業で頑張っていくのも選択肢ではありますが、多岐にわたる収入確保ができるというスキルも

身につけておいて損はないと思います。

 

まとめ
現在では副業も多岐にわたり、副業を検討する人も色々と選択肢があります。月々の収入の補填という副業のスタイルもありますが、将来への保険、1つの会社へ依存を避けるためのリスクの分散という考え方もあります。結局は今後の自分自身や家族に関わる可能性もありますので、将来的に自身の身を守るという意味でも副業を一度検討するのもありではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です