ブログ1記事の文字数は何文字ぐらいがいいの?【わかりやすく解説】

ブログで1記事を何文字ぐらいにすればいいのか?

と、疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

 

何文字ぐらいかけばいいか悩んでいる人

ひとつの記事って何文字ぐらい書けばいいのかな?

SEOを気にしている人

SEOと1記事の文字数って関係あるの?

初心者の人にとっては、

ブログで多くの文字数の文章を打つのは大変です。

しかし、文字数の少ない記事だと検索の上位表示が難しいのではないか?

など、ブログ1記事の文字数への疑問などは、数多くの方が抱えています。

本記事の内容
  • ブログ1記事の文字数の捉え方
  • ブログ1記事の文字数とSEOの関係

ブログで記事を書いていくうえで、

記事と文字数の関係を理解することができます。

ブログ1記事の文字数は関係ない。検索ユーザーから価値を得られればOK

ブログ1記事の文字数は、何文字がいいのか?

という疑問に対して、

結論だけいうと、

1記事何文字が良いという正解はない

というのが結論です。

 

ブログ1記事の文字数に正解がない

という理由は次の通りです。

ジャンルやカテゴリによって記事内容が違うため

ブログはいろいろな分野のジャンルやカテゴリがあります。

多岐にわたるユーザーの検索意図に答えるべく記事を作成する場合、

当然記事の文字数もジャンルやカテゴリによって違ってくるのは、

当然のことです。

ブログ1記事の文字数は、扱う記事内容によっても文字数は違う

扱う記事の内容によっても、

ブログ1記事に対しての文字数は違います。

検索ユーザーに対して、

詳細な説明が必要な記事や、

多くの比較、深い説明が多くなると、

自然に文字数は多くなってしまいます。

ようは、ユーザーの知りたいことを理解してもらえるような記事を

書くためですが、ジャンル、カテゴリ同様、

記事内容も様々ですから、ブログ1記事の文字数に

違いがでることはしかたありません。

Googleが量より質と見ているため

GoogleはSEOに関して、1記事の文字数というより、

記事の質を見ています。

クオリティの高い(内容の充実した)記事です。

これは、いかに検索ユーザーの意図に沿った記事なのか、

その記事が検索ユーザーに価値を提供できているか、

を判断しており、文字数というより質という面で、

ユーザーファーストを唱えています。

 

でも、ブログ1記事の目安は何文字ぐらいがいいのかな?【自分の記事の文字数】

あくまでブログ1記事の文字数の正解はないのですが、

あえていうと、

検索するユーザーが、検索するキーワードに対して、サイトを閲覧して満足を得る文字数

といったところでしょうか。

自分自身は、

「ブログ」「仕事」「ガジェット」

などのキーワードでブログを作っていますが、

次のような目安は一応あります。

  • ブログ   約3000文字
  • 仕事    約3000文字
  • ガジェット 約2000〜3000文字

ブログや仕事といったジャンルは、

実際に生活や収入という人生の柱といった分野であるため、

できるだけ細かに説明などを加えた記事に仕上げたい、

という面からも、1記事の目安を約3000文字前後としています。

 

ガジェット関連は、ブログや仕事というジャンルに比べて、

「より生活を豊にする」というものであるため、

約2000文字ぐらいでも良いと考えていますが、

より多くの事項を記事で説明したいときなどは、

長文になってしまうときもあります。

Googleのアルゴリズムとブログ1記事の文字数の見解

Google

検索するユーザーが求める価値のあるサイトを、

検索の上位表示させることがGoogleの役割です。

価値のあるサイト(ブログ)を上位表示させることは、

世の中のユーザーにGoogleの高い価値(利便性)を知ってもらうためです。

Googleはユーザーファーストの理念から、

より検索ユーザーにとって価値のあるサイトを

上位表示させることに努めていますが、

検索ユーザーにとって価値のあるサイトは、どのようなサイトでしょうか?

  • 検索した意図を解決に導いてくれる
  • 共感を得てくれる
  • 選択してくれる
  • アドバイスをくれる

このようなことをサイトの価値として考えています。

ブログ1記事の文字数の見解

検索ユーザーの意図を理解した上で、

検索ユーザーから深い理解を得るには、

検索ユーザーに理解されやすい文章を基本として、

解説、具体例、比較、根拠などを記事に書いた場合、

やはり最低でも、ブログ1記事で、

2000〜3000文字ぐらいとなります。

ジャンルやカテゴリ、記事内容などにもよりますが、

検索するユーザーの検索意図の解答するには、

このぐらいの文字数となってしまうのではないでしょうか。

SNSなどでブログの記事の文字数を書いている人は大勢います。

自分が参考にさせていただいているブロガーさんは、

記事の文字数は3000〜3500文字ぐらいが平均のようです。

検索ユーザーが、ブログ1記事を読む時間

僕のブログで使用しているテーマはSANGOですが、

ブログのタイトル下にユーザーが

記事を読む時間の目安を表示させることができます。

この表示は、ユーザーが記事を読む時間を自分が意識することによって、

記事の長短の目安にもなっています。

 

 

この上の記事は、実際の自分のブログの記事ですが、

約3800文字の記事であり、読む時間が5分となっています。

記事を読む側も、

「5分ぐらいなら、この記事を読んでみるか」

と思ってもらえる意図もあります。

 

この記事は、3800文字で5分ですが、

他の自分のブログ記事の文字数と時間を見てみると、

平均すると、1000文字/1分ぐらいです。

 

3000文字だと3分ぐらいの計算です。

ブログの記事を書く方は、

3000文字書くのは少し手間ですが、

記事を読む側すると、サラッと読めてしまう感覚ですね。

そのあたりのブログの書き手と読み手の感覚の違いは、

YouTubeなども共通するかもしれませんね。

記事はリライトできる 状況に応じて文字数を加減する

書き直す

定期的に記事を見直して、

必要ならばリライトすることをおすすめします。

Google SearchConsoleなどを使用して、

記事の状況を確認してみましょう。

記事がSEOや検索ユーザーからどのように評価されているかということです。

記事を見返してみて、

説明が網羅されていなかったり、

余計なことが書いてあった場合など、

リライトして文字数を増やしたり、

逆に減らしてシンプルにしてわかりやすくしたりすることも可能です。

あとで記事を見返してみると、結構わかるものです。

せっかく作成した記事ですから、記事の検証→リライトを

繰り返しましょう。ブログ1記事の文字数は何文字ぐらいがいいの?

ブログ1記事の文字数は何文字がいいの?のまとめ

やはり、

検索ユーザーの満足を得る文字数

という結論です。

そのような結論から、

1記事2000〜3000文字ぐらいが目安となりますが、

記事の内容によっては、

5000文字、10000文字といった長文記事が、

検索ユーザーを満足させる記事となります。

文字数という観点からブログを書くと、

ブログを書くということが負担となってしまいます。

しかし、検索してくれるユーザーを満足させる、

という思いで記事を書くと、

必然的に、理解してもらいたい、具体例で多くの例を知ってほしい、

などの思いから、自然と長文の文章となるものです。

せっかく自分が作った記事で、

検索ユーザーを満足させたい、

という思いは、Googleも同じです。

ユーザーを満足させることができるのならば、

ユーザーからも、Googleからも結果を得られるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です