映画ブログの書き方と活用方法【鑑賞400本以上】

趣味が映画

という人は世の中にはたくさんいます。

ボクも大好きです。

自分も世の中の人も映画が大好きなら、

観た映画をブログに書いたら楽しくなるんじゃないかな?

というのが今回のテーマです。

映画をブログに書こうか考えている人

趣味の映画をブログに活かすことができるのかな?

観た映画の管理をしたいと思っている人

映画は好きだけど、せっかく観た映画の記憶を残しておきたい

このような疑問に今回はお答えしていきます。

 

 

ボクは映画が大好きで、

今まで洋画邦画合わせて400本以上観ています。

この400本という数字も

記録として残しているからこそ表せる数字です。

記録として残していなければ、

「たくさん観たなぁ」

「あの映画、面白かったなぁ」

ぐらいの記憶しか残りません。

せっかく観た映画を記録(ブログ)として残して、

観た映画をブログで活かしていきましょう。

異文化を知り、時の人を感じる、映画は素晴らしいですね。

ロク

映画ブログの書き方 基本情報の入力と所感

基本情報を入力します。

  • 映画タイトル
  • 製作年
  • 製作国
  • 監督
  • 出演者
  • 上映時間
  • 自分の所感
  • 自分の考察
  • 評価
映画を観るごとに、基本情報を入力していきます。

ブログで記事を更新するときに、

映画用のテンプレートを用意しておくと、

入力が早くなります。

基本情報はインターネット上にあるので、

基本情報の入力に困ることはありません。

監督や出演者などにタグをつけておくと、

タグから出演者の出ている映画などが

ピックアップされるので活用性が高いです。

自分の所感と考察、評価の重要性

映画の基本情報というものは、

インターネット上に多くあるものですが、

あなたが観た映画作品の所感や考察、評価というものは、

あなただけのものです。

あなたの所感や考察、評価などに感銘を受ける人も必ずいます。

映画は作品を作る側の思いが入っていて、

背景には何かを物語ることが多いです。

そのような映画という短い時間の中に凝縮されたものに対して、

あなたの考えや意見を述べことはとても大切です。

あなた個人の所感や考察、評価なども記事に書いていきましょう。

映画ブログの書き方 カテゴリ分類

エルビス・プレスリー

カテゴリをサイドバーやフッターに作っておくと、

自分自身が見返したときに便利です。

観た映画ごとにカテゴリ分類していくと、

自分自身がどのジャンルの映画が好きなのかが見えてきますよ。

製作国でカテゴリ分けをする

カテゴリを大きく国で分類します。

  • 洋画
  • 邦画
  • アジア
  • 諸外国
洋画というカテゴリは大きいので、

あえてアジアや諸外国というカテゴリもおすすめです。

洋画というと、広い意味で海外の映画という捉え方ですが、

フランス、イタリアなどの国別にカテゴリを作っても

いいかもしれません。

国によって、作品の色、味などが違うので面白いですよ。

ジャンルのカテゴリ分けをする

そして、製作国の中でジャンルのカテゴリ分けします。

  • アクション
  • ドラマ
  • SF
  • サスペンス
  • ホラー
  • アニメ
  • 特撮
  • TVドラマ
カテゴリ分けをすると、

自分自身がどのジャンルが好きなのかがわかってきます。

このカテゴリ分けは、自分自身も映画作品を管理するのに便利ですが

映画ブログをてくれる人にとっても有効なものです。

人によっても映画のジャンルの好みは違いますので、

素早く目的の記事に読者が到達できます。

 

ボクの映画ブログのカテゴリです。

映画作品カテゴリ

 

ランキングを掲載する

ランキングを掲載します。

トップ10などを配置します。

ブログの次のようなところに、ランキングを配置するのがおすすめです。

  • サイドバー
  • フッター
  • 固定ページ
ランキングは注目度が高く、常にすぐに見れる場所に

設置することがポイントです。

 

ボク自身のランキングは、1〜20位でサイドバーに掲載していて、

1〜5位はAmazonの広告、6〜20位と他に好きな作品として

掲載しています。

 

好きな映画 ランキング

ランキングや好きな映画を記載しておくと、

映画作品を観るたびに真剣に観るようになりますし、

既に観た作品などは安心感がありますよ。

 

映画ブログの書き方 読者は何を知りたいかを考える

あなたがブログを読者に読まれたいと考えるならば、

読者があなたのブログを読んで、

何を知りたいか、求めているか

などを考える必要があります。

 

ブログを読者に読まれたいと考えるならば、

読者はあなたの映画ブログを

どのようなタイミングで見るのか?

ということを想定しなければなりません。

  • 読者が映画作品を観る前に、事前情報として映画ブログを見る
  • 読者が映画作品を見終わったあとに、映画ブログを見る

読者が映画作品を観る前に、事前情報として映画ブログを見る

このような読者は、観たいと思っている作品の事前情報として、

出演者やあらすじなどを調べて、観るかどうか迷っている読者です。

このような読者には、あらすじなどを記事に書くと有効ですが、

逆にあらすじなどを知りたくない読者(ボクがそうです)もいるので、

そのようなネタバレを嫌う読者には向いてません。

 

読者が映画作品を見終わったあとに、映画ブログを見る

このようなブログ読者は、

すでに映画作品を観ているので、

ネタバレの記事でも特に問題ありません。

読者が映画作品で気になっているところや、

少し不明だったところ、などを知りたいユーザーです。

合わせて、作品に対しての所感や考察も、

他の人の意見も知りたいという思いがあります。

 

どのような読者にむけて記事をかくのか

ということがポイントになりますが、

『ネタバレあり』

というようなコメントを記事ごとに書くことも有効です。

映画ブログの書き方 Wikipediaの活用

オードリヘップバーン

映画ブログを書くときに、

Wikipedia(フリー百科事典)を活用すると、

よりその映画や出演者への関心が高まります。

ボクは出演者の情報をWikipediaでよく調べるのですが、

Wikipediaでは次のような情報を知ることができます。

 

  • 生い立ち
  • 私生活
  • 主な出演作品
出演者の情報が網羅されているので、

出演者を深く知ることができます。

気に入った出演者の出演している映画作品を

調べるのにも重宝します。

映画を観るたびに、映画作品の情報、出演者などを

調べていくと、映画作品に対しての見識も高くなりますし、

出演者情報を調べて、出演者を知ることによって、

より映画を楽しんで観ることができます。

映画ブログの活用【収益化】

映画ブログの記事が下記溜まってきたら、

ブログを収益化していきましょう。

  • アフィリエイト
  • 物販
  • Google AdSense

アフィリエイト

Google AdSenseは収益化の基本として、

アフィリエイトでは、VODなどのサービスの紹介がおすすめです。

映画ファンにとっては、

良い映画作品に巡り合うことが目的ですので、

各VODサービスの特徴や強みを紹介していくと良いでしょう。

映画館に見に行く以外に、映画作品をレンタルするという認識は

まだまだ強いです。

自宅での動画配信で映画作品を楽しめることをPRしていきましょう。

物販

Blu-rayやDVD、キャラクター関連商品などを

ブログで紹介していきましょう。

Amazonや楽天で紹介するのがおすすめです。

映画ファンにとっては、気に入った作品はメディアとして、

手元においておきたいという心情があります。

お気に入りの映画作品のグッズなども

手に入れたいものですからね。

映画作品のフィギアなどはおすすめです。

それと映画作品には作品の画像が掲載されるので、

読者も楽しんでブログを見てくれます。

 

Google AdSense

ブログの収益化の基本として、

Google AdSenseの広告は設置しておきましょう。

 

映画ブログの書き方と活用方法 まとめ

人間の記憶とは、儚いものですぐに忘れていまいます。

ぜひ、ブログで書き留めておきましょう。

ブログで映画作品を綴るということは、

あなたのブログを読んでくれる読者とあなた自身にも、

とても有効です。

映画観が広がります。

そして作品情報を細かく記事に書くことによって、

出演者や監督、カテゴリなどから、新たな映画作品に

巡り合う可能性があります。

ボク自身も映画ファンの一人として、

映画ブログを書くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です