ブログの文字数の目安【読者の理解、満足度を得たいなら】

ブログ記事の文字数の目安について解説します。

一つの記事をどれくらいの文字数にしたら良いか、

ということですね。

ブログの文字数を気にしている人

ブログ記事の文字数の目安というものを一応知りたい

これから書く記事の文字数を意識している人

ブログ記事の文字数というものを意識して、これからブログ記事を書いていきたい

ブログ記事の文字数の「多い」「少ない」ということは、

ブログの記事を書く側からすると、

当然「文字数が多い」記事は

時間と労力がかかります。

 

では、ブログの記事を読む側(読者)から記事の文字数に対して、

文字数の「多い」「少ない」という記事は

どのように映るのでしょうか。

ブログ記事の文字数の目安は3,000文字

一つのブログ記事の文字数の目安は3,000文字です。

 

3,000文字以上といっていいでしょう。

記事の文字数の目安が3,000文字という理由は次の通りです。

  • 読者がブログ記事を読んで納得してもらうのに必要な文字数
  • 読者の理解を得るための説明には必要な文字数ひ
  • 3,000文字の記事は4〜5分で読み切れる
  • 読者がPC、スマホでの閲覧時のスクロールの手間が少ない

 

読者がブログ記事を読んで納得してもらうのに必要な文字数

読者がキーワード検索をして、

ブログの記事に訪れる理由は様々です。

 

ブログの記事の意味としては、

ブログの記事に読者が訪れて、

読者が何かを得てもらわなくてはなりません。

 

読者の様々な検索理由に対して、

解答していくことが、

ブログ記事の役割です。

 

3,000文字という文字数は、

ブログの記事内容にもよりますが、

おおよそ読者の検索理由に対しての

解答ができる最低文字数です。

 

読者が記事を読んで、

満足してもらうことが必要です。

 

読者の理解を得るための説明には必要な文字数

やはり前提には、

「読者に満足してもらう」

ということが挙げられます。

 

読者が単に情報としてだけ知りたいだけなら、

少ない文字数で可能です。

しかし、ブログの記事を読んで、

次のように、読者に一歩踏み込んで理解してもらうには、

ブログを書く側も工夫が必要です。

  • 読者に理解を深めてもらう
  • 記事を読むことによって、読者に行動を起こしてもらう
  • 読者が納得して、さらなる記事を読んでもらう

読者に対して、

どのようにしたら、読者の理解を得られるだろう?

読者の満足度が上がるだろう?

ということを考えることが必要です。

 

 

 

ブログ記事3,000文字は、読者が4〜5分で読み切れる

ブログを書く側からすると、

一つの記事で3,000文字という文字数は、

すぐに書ける文字数ではありませんが、

読者からすると、

3,000文字という文字数は、

おおよそ4〜5分で読み切れる文字数です。

 

3,000文字という文字数で4〜5分ですので、

読者が記事を読むうえで、

ストレス的にも負担ではない文字数になります。

 

読者は様々な思いで、

ブログに訪問してきます。

自分の悩みや疑問に対して解答を求めて検索してきます。

 

記事内容にもよりますが、

読者に対してブログの記事で理解を得られることが、

前提になります。

 

ブログで扱う記事内容、キーワード、競合などを加味しながら、

文字数を決めていくことも必要です。

 

一つのブログ記事に対して、

あなたと読者の時間の関係を表すと

次のようになります。

あなたが3〜5時間費やして作ったブログも

読者は5分で読み切ってしまうということです。

反対を言うと、

この5分間で読者に何かを得てもらい、

行動を起こしてもらわなければならないということです。

 

 

読者がPC、スマホでの閲覧時のスクロールの手間が少ない

ブログのジャンルや変動もありますが、

現在、デバイス(機器)から検索されて

ブログへ訪問する割合は、

PCとスマホで、おおよそ半々です。

 

8,000〜1万文字の記事をスマホで読んだ場合、

結構スクロールしないと最後まで読めません。

しかし3,000文字程度の記事なら、

スマホでも少ないスクロールで最後まで読むことも、

読者にとってはあまり苦ではないでしょう。

記事の文字数にこだわらずキーワードとコンテンツに注力する

ブログを書く側としては、

ブログの記事の文字数というものは気になるものですが、

Googleで小窓にキーワードを入力して

サイトを検索する読者の人は、

ブログ記事の文字数というものにこだわっているでしょうか?

 

読者が求めているものは何でしょうか?

 

この読者の要望に応えていくことが大切です。

 

読者の要望に応えるべく、

読者のためのブログ記事を書くには、

次のことが大事です。

  • キーワードを適切に使う
  • コンテンツを充実させる
  • 記事の読みやすさを意識する

 

ブログ記事にキーワードを適切に使う

記事タイトル(H1)、見出し(H2)、小見出し(H3)、

文章などに適切にキーワードを使用しましょう。

 

適切にキーワードを使用するということは、

読者、SEOという両面に効果があります。

 

いくら文章量を増やしても、

キーワードを適切に使用していないと、

Googleの検索でも上位表示されず、

結果的に読者にも読まれることがないということです。

 

読者の検索するキーワードをあなたのブログ記事に

使用するということは、

合わせて読者の検索意図に応えている記事を書くということです。

 

キーワードを適切に記事に取り入れていきましょう。

ブログ記事のコンテンツを充実させる

ブログ記事の内容や中身を充実させるということです。

 

読者が検索してくるキーワードに対して、

適切な記事の内容、読者が満足する記事になっている

必要があります。

 

『コンテンツの充実=文字数の増加』

ということではありません。

 

しかし、ジャンルやキーワードにもよりますが、

コンテンツを充実させていくと、

文字数も多くなる傾向にはあります。

 

では、

どのようにコンテンツが充実した記事にするのか?

ですが、次のことがコンテンツを充実させた記事を書く

ポイントになります。

  • 誰に向けて書いている記事なのか
  • ターゲットのユーザーにどのようにすれば満足度を得られるか
  • ターゲットのユーザーをどのように行動させたいか

誰に向けて書いている記事なのか

ここを明確にしておくことによって、

ピンポイントの記事を書くことができます。

 

いわゆるペルソナ(読者像)というものです。

 

万人に閲覧されるのがブログというものですが、

おおよそのペルソナを意識して記事を書いていくと、

ペルソナと記事コンテンツが合致した場合、

多くの共感や満足度を得られます。

 

ペルソナについては、

次の記事で紹介しています。

>>>ブログでペルソナの作り方【あなたは誰に向けてブログを書いてるの?】

「相手(お客様)を知る」

ということはビジネスの基本です。

相手が何を考え、何を求めているか、

そして相手にどのような行動をとってもらいたいのか、

を考えることが、

ブログの記事を作るうえで意識することが大切です。

 

ターゲットのユーザーにどのようにすれば満足度を得られるか

ターゲットのユーザー像を決める重要性は、

説明しましたが、

ターゲットのユーザーを決めたら、

次はターゲットのユーザーをどのようにすれば満足度を得られるか、

を考えていきます。

 

ブログ記事の内容が、

読者の検索するキーワードに対して、

次の項目内容が適切に応えられていれば、

読者の満足度を得られます。

  • 結論(解答)
  • 理由
  • 具体例

読者は結論(解答)を知りたいのですが、

その結論に対する理由や具体例なども知りたいのです。

そして納得したいのです。

 

前述の項目(結論、理由、具体例)に対しての

ブログ記事を書いていくと、

必然的に3,000文字以上の記事になります。

 

ターゲットのユーザーをどのように行動させたいか

あなたのブログを訪れた読者に

どのような行動をとってもらいたいか、

ということです。

  • 他の記事も読んでもらいたい
  • 広告をクリックしてもらいたい
  • 記事から商品を購入してもらいたい

集客、収益ページなどの違いがありますが、

読者にどのような行動をとってもらいたいかを

意識してブログ記事作りをすることで、

記事コンテンツの充実を計れます。

 

ブログ記事の読みやすさを意識する

時折、他のブログ記事を読んでいると

読み込んでしまうサイトというものがあります。

 

それは文字数やコンテンツは充実しているにも関わらず、

スンナリ読めてしまうということです。

記事を読んでいて苦にはならないということです。

 

  • コンテンツがユーザーの意図をついている
  • テキストと画像のバランスが良い
  • 記事を読みすすめる工夫がされている

 

訪問してくるユーザーに対して、

理解と満足、そして行動してもらうためにも

記事の読みやすさは重要です。

 

昨今ではスマホユーザーなども

ブログ流入の軸になっています。

 

PCとスマホでは同じ記事でも

見栄えや記事を読む感じが違うので、

プレビューなどで確認しながら、

記事を書いていきましょう。

ブログの文字数の目安【読者の理解、満足度を得たいなら】 まとめ

検索するユーザーが、

単に情報を得るということでしたら、

少ない文字数で読者の満足を得ることができます。

 

しかし、ユーザーに理解して納得してもらう、

行動を起こしてもらうという意味では、

ブログ一つの記事に3,000文字以上の文字数になるでしょう。

 

読者に、より理解を深めてもらうという意味でも

コンテンツを充実させていくことが大切です。

 

万人に読まれるブログというものに合わせて、

コンテンツの充実させるためにも、

読者に読まれる記事を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です